ETCカード選定サポート

ETCカードを利用すると、料金所での支払いや渋滞がなく便利です。

ETCカードを発行してもらう際、もう1つ悩む点。

それはクレジットカード分離型のETCカードにするか、クレジットカード一体型のETCカードにするかということです。

この分離型と一体型の違いは何かというと、ETCカードにクレジット機能があるかどうかということです。

ETC専用の分離型カードにはクレジット機能がありません。

このカードの利点は盗難など「もしもの事」を考えるとかなり安心です。

もし盗難にあったとしても、ETCを通ること以外に利用出来ないので被害はかなり小さく済みます。

また、クレジットカードを持ち歩きたくないという人も、分離型のカードでクレジットカード側は自宅に保管したままでも、ETCカードでETCの利用が出来るので安心です。

これに対して一体型のETCカードは一般のクレジットカードとETCカードの機能を持ち合わせたカードになるので、少し注意が必要です。

盗難にあえばもちろんクレジットカードの盗難と同じになるので被害が大きくなる場合もあります。

しかし、一体型カードはそれさえあれば、ETCの料金精算のほか、クレジット払いの買い物にも利用出来るという利点があり、たとえばガソリン代の支払いもETCカードでと考えている人は、車に乗る際はこの一体型のETCカードさえあれば事足りるということになりますね。

盗難に遭わないように抜き差しする、また抜いた際は次に乗った時に再び指すことを忘れないといったよう注意も必要にはなりますが、一体型は一体型で便利なETCカードだといます。

No Comments :(

Comments are closed.